C 15

C15は特別なハイパフォーマンスモニターとして設計されただけでなく、状況に応じてサイドフィルやフロントスピーカーとして使える拡張性を持ち、他のTW AUDiO製品ともベストマッチの相性をキープできる製品に仕立て上げました。 私たちはこの製品の開発に当たり、「何がよいモニターなのか」という極めて基本的な命題をもって開発に取り組みました。 それはビビッドでダイレクトな音感であり、どんな環境下にあってもステージ上で必要となる「必要かつ十分な情報(サウンドソース)」を確実にミュージシャンに届けること、フィードバック要素を極力控えること、特段のコントローラーを外部に必要とせず、ただアンプにつなげるだけでそれらが実現できる利便性を持つこと、そして見た目にすっきりしたフォルムで決して存在をアピールしない「控えめ」な外観であること...書いてしまえばそれまでですが、それを実現するためには多大な時間を要したことでユーザーの皆様にはお待たせいたしましたが、その期待に応える製品に仕上がったと開発スタッフが自信を持ってお勧めしたいのがこのマルチパーパス・ウェッジ・モニターです。 C15はコアクシャル(同軸)ホーン構造の2ウェイモニターでロープロファイルハウジング仕立て。ステージ上でもエレガントでありながらオーディエンスからは全く目立たず、ステージの周囲環境にマッチします。 他のTW AUDiO製品と異なり、グリルの内側にフォーム(スポンジ)を配しました。これはこれまでの製品デザインの方向性を変えたのではなく、「ロックな」使われ方でもエンジニアの心を痛ませない造りにしたという配慮です。 内部構造については、ホーンにMシリーズ同様BMS手法を用いて詳細なシミュレーションを施した特注ホーンを採用し、70°(水平)×55°(垂直)の拡散角度は必要に応じホーンをローテートすることで逆転することが可能。内部のクロスオーバーは非常に正確なコヒーレント位相特性を誇り、絶妙なクロスオーバーを設定することで特にボーカル帯域での再現性とダイレクト性を引き出すことに成功しました。 また、ステージモニターで通常感じる「低音の不足」(ステージへの回り込みに対して相対的に感じる低音量の不足)についても考慮し、レスポンスの速い低音域の再生を誇る音響設計を施しました。 さらに、M10/M12/M15同様、C15には精度の高いフライトレールがついており、スイ―ベルブラケットを使ってトップユニットとしてマウントしたり、あるいはワイヤー吊りや壁付にして使うことも考慮に入れています。つまり、このC15はウェッジとしてだけでなく、サイドフィルや通常のフロントスピーカーとしての拡張性も兼ね備えた設計にしています。 ステージで使い終わったらいよいよ収納するのですが、ここでもさらに工夫を。特別に設計した60×60Cmの小さなスペースになんと2台のC15を収納できるケースを開発。場所を取らず、楽に収納することが可能で2tトラックでも場所は決して取りません!!

製品仕様

ユニット1 x 15“ LF / 1 x 1.4“ HF
周波数特性55 – 17000 Hz
許容入力
プログラム / ピーク
800 / 1600 W
定格インピーダンス8 Ω
定格拡散角度(H×V)70° x 55 ° HF ホーン(ローテート可能)
入力感度 1 W / 1 m101 dB
理論最大音圧133 dB
コネクター2×Speakon NL4, Pin1 アサイン
本体寸法 (WHD)348 × 605 525 mm
本体重量23 kg
表面仕上げWarnex テクスチャペイント
アクセサリーSBC 15, CaseC15
オプションパッシブ/アクティブスイッチモジュール

関連ファイル

寸法図 » C 15_size(PDF) 1.23MB

マニュアル » C15リーフレット(PDF) 2.35MB